セラミックコンデンサのFAQ

特性

コンデンサの発熱特性と測定方法について教えてください。

電子機器の小型化・軽量化に伴い、部品の実装密度が高くなると放熱性が低下し、装置の温度が上昇しやすくなります。特にパワー出力回路素子からの発熱が機器の温度上昇に大きく影響しますが、コンデンサにおいても大電流が流れる用途(スイッチング電源の平滑用、高周波パワーアンプの出力カップリング用など)ではコンデンサの損失成分に起因する電力消費が大きくなり、自己発熱が無視できなくなることがあります。そのため、コンデンサの信頼性に影響を与えない範囲にコンデンサの温度上昇を抑える必要があります。
発熱特性測定システムなど詳しくはこちらをご参照ください。
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。