加速度センサのFAQ

特性

レシオメトリック特性、レシオメトリックエラーとは?

レシオメトリック特性とは、ゼロ点および感度が電源電圧に比例することを意味します。電源電圧が変動すると、出力も変動します。センサと計測部 (A/D変換器) で同じ基準電圧を使用すると、基準電圧の誤差が自動的に補正されます。

レシオメトリックエラーとは、上述の比例動作からの相対偏差 (%) で、供給電圧の変化が5%のときに出力電圧が3%変化すると、レシオメトリックエラーは2%になります。
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。