沿革

1951年
(株) 村田製作所福井工場として創業
1955年
(株) 福井村田製作所として分離独立
1956年
セラミックコンデンサについてJIS表示、防衛庁の認定許可工場となる
1959年
越前市岡本町に武生工場 (現・武生事業所) を建設
1965年
EMI除去フィルタの生産開始
1970年
積層セラミックコンデンサの生産開始
1980年
丹生郡越前町小曽原に宮崎工場を建設
1988年
チップタイプのEMI除去フィルタを生産開始
1992年
世界最小コンデンサ型EMI除去フィルタ商品化
1995年
品質マネジメントシステムISO19001認証規格を取得
1997年
武生事業所に新工場、新厚生棟建設
世界最小0603サイズ (0.6×0.3mm) 積層セラミックコンデンサを商品化
1998年
環境マネジメントシステムISO14001認証規格を取得
2004年
世界最小0402サイズ (0.4×0.2mm) 積層セラミックコンデンサを商品化
2011年
"ムラタの森 水上山"活動を開始 (福井県、越前町と協賛)
2012年
労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001認証規格を取得
全日本選抜QCサークル大会金賞受賞 (電子部品メーカーとして初の受賞)
2013年
世界最小0201サイズ (0.25×0.125mm) の積層セラミックコンデンサを開発