IoT機器に適したコイン形リチウム電池「大電流タイプ」と「準耐熱タイプ」を開発

2018/10/15

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫)は、コイン形リチウム電池のラインアップに、「大電流タイプ」と「準耐熱タイプ」を新たに追加し、本日よりサンプル出荷を開始します。量産品の出荷は2019年1月を予定しています。


1.開発の背景

IoT(Internet of Things)や車載用機器、FA(Factory Automation)の分野でコイン形リチウム電池の使い方が多様化しています。従来のコイン形リチウム電池は、主にバックアップ電源用として使われていましたが、近年では主電源用としてのニーズが高まっています。こうしたニーズに対応するように、当社が長年培ってきた耐熱技術・利用率改善技術を活かし、これまでの「標準タイプ」と「耐熱タイプ」に加えて「大電流タイプ」と「準耐熱タイプ」を新たに開発しました。

「大電流タイプ」は、「LoRa」、「Sigfox」といったLPWA(Low Power Wide Area)通信方式を採用する物流・資産管理のためのトラッキングデバイスや、屋外インフラ・FA制御機器・環境監視センサなどへの採用を想定しています。また、「準耐熱タイプ」は、車載デバイスや屋外IoT機器(スマートメーターやFA制御機器)を主な用途として想定しているほか、従来の円筒形電池の代わりとしても使用可能です。

コイン形リチウム電池のタイプ一覧


2-1.「大電流タイプ」の特長

  • 最大パルス放電電流*1が従来比で約2倍(50mA)。
  • 従来は困難だったピーク電流の高い「LoRa」などのLPWA通信機器にも使用可能*2
  • 放電時間が従来と比べ約3倍*3であり、電池の交換頻度の削減を実現。

*1 23℃の環境下、公称容量の50%まで放電した状態で、2V以上の電圧でパルス放電 (3秒間)できる最大の電流値
*2 使用環境や使用条件により異なる場合があります
*3 23℃の環境下、45mAで3秒放電、33秒無放電のパルス放電条件

LoRa Allianceメンバーで、当社とLoRaWANモジュールを共同で設計しているセムテック・ジャパン合同会社の本橋真一社長は以下のように述べています。

セムテック社のLoRa RFIC SX1261では、ARIB-T108準拠の20mWを出力するために電源電圧3V で約25mA、1.8Vで約42mAの電源電流を必要とします。また、LoRaWANの規格では、最大送信時間は3秒以下です。今回の村田製作所の新しい「大電流タイプ」のコイン形リチウム電池では、最大50mA、3秒までの電流を使用することができるようになったため、LoRaWAN対応の小型センサノードへの応用が大いに期待できます。 


2-2.「準耐熱タイプ」の特長

  • 電子部品やICへ対応するため使用温度範囲を−40℃〜85℃へ拡大*4
  • 85℃で100日以上保存した場合でも「標準タイプ」と比べて高電圧を維持。
  • 「耐熱タイプ」に比べて価格を抑え、性能・コストのバランスに優れたモデルを実現。
  • 「準耐熱タイプ」で最も容量の大きい「CR3677X」*5は、コイン型リチウム電池では最大容量*6で、電子機器の小型化・薄型化に貢献。

*4 「標準タイプ」の使用温度範囲が−30℃〜70℃。
*5 「準耐熱タイプCR3677X」の量産品の出荷は2019年年末頃を予定しています。
*6  2018年10月時点、当社調べ。


3.今後の展開

本製品は、幕張メッセで2018年10 月16日~19日に開催される「CEATEC JAPAN 2018」および2018年10 月24日~26日に開催される「IoT/M2M展【秋】」に出展予定です。

新製品ラインアップ

タイプ モデル名 公称電圧 使用温度範囲 公称容量* 推奨連続放電電流値 最大パルス放電電流** 直径 高さ 質量
大電流 CR2032R 3.0V -30~70℃ 200mAh ≦3mA 50mA 20.0mm 3.2mm 3.0g
大電流 CR2450R 3.0V -30~70℃ 500mAh ≦3mA 50mA 24.5mm 5.0mm 6.2g
準耐熱 CR2032X 3.0V -40~85℃ 220mAh ≦1mA 30mA 20.0mm 3.2mm 3.0g
準耐熱 CR2450X 3.0V -40~85℃ 610mAh ≦1mA 30mA 24.5mm 5.0mm 6.2g
準耐熱 CR2477X 3.0V -40~85℃ 1000mAh ≦1mA 30mA 24.5mm 7.7mm 9.5g
準耐熱 CR3677X 3.0V -40~85℃ 2000mAh ≦1mA 80mA 36.5mm 7.7mm 20g

*標準放電電流で放電した時の容量(温度:23℃、終止電圧:2.0V)
**公称容量の50%まで放電した状態で、パルス長さ3秒で、2V以上を維持できる電流値(23℃環境下)
ここに記載の数値は、保証値ではありません。


当社は、IoT市場向けの電子部品やソリューションサービスなどの提供に注力しています。2017年9月に40年以上の生産実績を持つソニーの電池事業を新たにラインアップに加え、お客様のさまざまなニーズにお応えします。当社はこれからもIoTのさらなる進展に貢献します。

※製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。


製品サイト

シリーズラインアップはこちらをご確認ください。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp