瞬時電圧低下対策向けコンテナ型大型蓄電システムの提供開始

2018/02/26

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫 

要旨

株式会社村田製作所は、瞬時電圧低下対策向けのコンテナ型大型蓄電システムを開発し、東京電力エナジーパートナー株式会社(代表取締役社長川崎 敏寛、以下「東京電力EP」)の100%出資子会社である日本ファシリティ・ソリューション株式会社(代表取締役社長柴田 祐亮、以下「JFS」)と共に提供を開始いたしました。
本システムの蓄電池部には当社子会社である株式会社東北村田製作所が生産するオリビン型リン酸鉄リチウムイオンバッテリ「Fortelion」を使用しており、株式会社明電舎(代表取締役社長 浜崎祐司)、株式会社YAMABISHI(CEO 蓮池一憲)それぞれの交直変換装置と組み合わせています。
また本製品は、2月28日(水)~3月2日(金)に東京ビッグサイトで開催される「国際スマートグリッドEXPO」で紹介いたします。

背景

送電線などへの落雷による瞬時電圧低下(瞬間的に電力系統の電圧が低下する)が発生すると、工場などでは生産ラインが停止するなど、大きな影響を受ける可能性があります。また、高度情報社会においては、データセンタや精密機器などの高付加価値製品を生産する工場では、これまで以上に安定した電力の供給が求められています。
今回当社が開発したコンテナ型大型蓄電システムは、正極材にオリビン型リン酸鉄を採用しており、発火の恐れがない高い安全性と、15年間使用が可能な長寿命を実現しています。また、一般的なリチウムイオン電池と比較し高出力であるため、設置場所の省スペースにつながります。さらに、本製品はデマンドレスポンス機能も備え、蓄電池を活用した効率的なエネルギー活用による電力供給の平準化を行うこともできます。
今後はさらに、高入力(2C充電)高出力(6C放電)の大型蓄電システムを開発し、瞬時電圧低下補償対策やデマンドレスポンスのみにならず、短周期、周波数調整も実現していくなど、さまざまなソリューションを提供してまいります。

主な仕様

コンテナサイズ  20~40フィート(海上輸送コンテナ仕様 ISO準拠) 
容量
~2.0Mwh
充電レート
~1C
放電レート
~4C
設備
電池盤・AC/DC盤・空調機・煙探知機・消火器
期待寿命
15年
動作環境
-10℃~40℃

製品サイト

https://www.murata.com/ja-jp/products/batteries/ess


用語説明

デマンドレスポンス:卸市場価格の高騰時または系統信頼性の低下時において、電気料金価格の設定またはインセンティブの支払に応じて、需要家側が電力の使用を抑制するよう電力. 消費パターンを変化させること
ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp