米国Impinj社のUHF帯RFIDリーダライタを国内販売

2018/09/10

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫)は、米国Impinj(インピンジ)社のUHF帯RFIDリーダライタ「Speedway Revolution R420」の国内販売を開始しました。この製品は世界中で圧倒的な使用実績の多さを誇る、固定型のRFIDリーダライタです。2018年9月12日~14日に東京ビッグサイトで開催される「第20回自動認識総合展」で展示します。


概要

当社は従来、自社製品のRFIDタグを中心に市場に提供してきました。今回、RFIDソリューション事業の強化を目的として、RFID市場でグローバルに実績があるImpinj社と「リセラーパートナー契約」を締結し、UHF帯RFIDリーダライタ「Speedway Revolution R420」の日本国内での取り扱いを開始しました。

これまで当社ではImpinj社の製造するMonza®チップを採用したRFIDタグの製造・販売を行っておりましたが、今回、「Speedway Revolution R420」を当社の製品ポートフォリオに加えることで、当社が蓄積したノウハウを盛り込んだ、より高付加価値なRFIDソリューションを提供することが可能になりました。

「Speedway Revolution R420」の特長は、1Wの高出力で4つのアンテナポートを持っていることです。さらに別売の分配器を使用することで最大合計32のアンテナを装備することが可能になります。さまざまなアンテナとの認証取得済みで、作業台やゲートでの読み取りなど、幅広い応用ができるため、工場や物流センターでの棚卸しや検品などのアプリケーションを構築することが可能になります。


リーダライタの仕様

製品名 Speedway Revolution R420
対応プロトコル EPCglobal UHF Class 1 Gen 2 / ISO18000-6C
アンテナポート数 4ポート
送信周波数 916.8, 918.0, 919.2, 920.4MHz
送信出力 +10.0 ~ +30.0dBm
インタフェース Ethernet, PoE対応
電源 DC 24V, 800mA(ACアダプタ別売)
外形寸法 190 x 175 x 30mm
重量 680g
動作温度 -20℃ ~ +50℃
防塵防水性 IEC IP52

「Speedway Revolution R420」は世界的に広く利用されており、業界最高クラスの性能、品質、信頼性を誇る高出力の固定式リーダライタです。既に日本だけでなく60カ国以上で認証を取得しており、例えばたとえば、国内で構築したRFIDシステムを海外の生産工場にも対応させたいといったニーズにもすぐに応えることができます。

*ImpinjとMonzaはImpinj Incによる登録商標です。


仕様製品サイトURL

https://www.murata.com/ja-jp/products/rfid/rfid/uhf/readerwriter-speedway


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp