圧電発音部品のFAQ

特性

圧電サウンダ (他励振タイプ) の消費電流を教えてください。

電磁ブザーは内蔵する電磁コイルに流れる電流により駆動されるのに対して、圧電発音部品は圧電セラミクスに印加される電圧により駆動されるため、電磁ブザーに比べ、消費電流が極めて小さいのが特徴です。

圧電サウンダ (他励振タイプ) の消費電流 (周辺回路部除く) は簡略的に以下の理論式にて求めることができます。

電流平均値 (理論値)
圧電サウンダ (他励振タイプ) の充放電時間が入力信号の1周期長より十分短いとき、圧電サウンダ (他励振タイプ) に流れる1/2周期間の電流平均値は以下の式で求めることができます。

電流平均値 (理論値)
Q: 圧電サウンダに蓄積される電荷
T: 駆動信号1周期長 (=1/f)
C:圧電サウンダ静電容量
V: 駆動電圧
f: 駆動信号周波数

品番別消費電流計算値
上記式より品番別に計算した、圧電サウンダ (他励振タイプ) の電流平均値を下表に示します。
品番
消費電流 [mA]
駆動周波数
[kHz]
静電容量
[nF]
駆動電圧 (方形波)
3 Vo-p
5 Vo-p
12 Vo-p
PKMCS1818E20A0-R1 0.4 0.7 1.8 2 37
PKMCS0909E4000-R1 0.3 0.4 0.9 4 9
PKLCS1212E4001-R1 0.5 0.8 1.9 4 19.5
PKLCS1212E40A1-R1 0.5 0.8 1.9 4 19.5
PKLCS1212E2000-R1 0.3 0.6 1.3 2 28
PKLCS1212E20A0-R1 0.3 0.6 1.3 2 28
PKLCS1212E2400-R1 0.4 0.7 1.6 2.4 28
PKLCS1212E24A0-R1 0.4 0.7 1.6 2.4 28
PKM13EPYH4000-A0 0.1 0.2 0.5 4 5.5
PKM13EPYH4002-B0 0.1 0.2 0.5 4 5.5
PKM17EPP-2002-B0 0.4 0.7 1.6 2 34
PKM17EPPH4001-B0 0.3 0.3 0.7 4 7
PKM17EPPH4002-B0 0.2 0.3 0.7 4 7
PKM22EPH2001 0.2 0.3 0.8 2 17
PKM22EPH2002 0.2 0.3 0.8 2 17
PKM22EPH2003 0.2 0.3 0.8 2 17
PKM22EPPH2001-B0 0.2 0.4 0.9 2 19
PKM22EPPH2002-B0 0.2 0.4 0.9 2 19
PKM22EPPH4001-B0 0.3 0.5 1.2 4 12
PKM22EPPH4002-B0 0.3 0.5 1.2 4 12
PKM22EPPH4005-B0 0.3 0.5 1.2 4 12
PKM22EPPH4007-B0 0.3 0.5 1.2 4 12
PKM22EPPH4012-B0 0.3 0.5 1.2 4 12
PKM22EPTH2001-B0 0.2 0.4 0.9 2 19
PKM34EWH1101C 0.3 0.4 1.1 1.1 40
PKM34EWH1201C 0.2 0.4 0.9 1.2 32
PKM44EWH1001C 0.4 0.7 1.6 1 68
* 静電容量はセンター値、公差は±30%、PKMCSとPKLCSは参考値。
FAQ改善アンケートにご協力ください。
このFAQはお役に立ちましたか?
宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。
お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。
送信する
製品についてのご質問は お問合せフォーム からご連絡ください。