セラミックコンデンサ(キャパシタ)注意

左右にスワイプ可能です 横持ちでご覧ください
ディレーティング1

ディレーティング1
耐久性/高温負荷試験において、試験電圧が定格電圧×150%未満の製品になります。
※通常積層セラミックコンデンサにおいても、ディレーティングを設定して使っていただいていると考えており、当製品においてのみ特殊にディレーティングの設定は行っておりません。

各製品ついての詳細はリンクを参照ください。

ディレーティング2

ディレーティング2
製品温度が105℃を超える場合は、下図の電圧・温度ディレーティング条件内でご使用ください。

ディレーティング3

ディレーティング3
使用温度に応じて使用電流のディレーティングを行ってください。
詳しくは詳細スペックシートをご確認ください。

ディレーティング4

ディレーティング4
製品温度が125℃を超える場合は、下図の電圧・温度ディレーティング条件内でご使用ください。

電圧・温度ディレーティング条件
ディレーティング5

ディレーティング5
製品温度が150℃を超える場合は、下図の電圧・温度ディレーティング条件内でご使用ください。

ディレーティング6

ディレーティング6
製品温度が105℃を超える場合は、下図の電圧・温度ディレーティング条件内でご使用ください。

電圧・温度ディレーティング条件
モバイル機器専用

モバイル機器専用品
これらの製品は、モバイル機器、すなわち、一般的に使用期間が5年以下と想定される機器向けに設計されています。
(例: 携帯電話、スマートフォン、タブレットPC、ゲーム、カメラ、電子辞書、腕時計、小型サーバー、IPC-9592B class 1 機器など)

セットにおける製品の使用環境が「最高使用温度-20℃、定格電圧×80%」の場合に、製品の耐用寿命が5年以上となるように設計されています。実際の使用環境下での耐用寿命は、下図グラフにより推定できます。

※耐用寿命は累積故障確率が1%となるときの時間としています。
※耐用寿命は参考情報であり、設計および使用時の目安として利用してください。製品の寿命を保証するものではありません。
※ご質問などがあれば、お気軽にお問い合わせください。

コンデンサ寿命は、電圧加速と温度加速係数から推定できます。
詳細は下記URLを参照願います。

モバイル機器専用品の耐用寿命 モバイル機器専用品の耐用寿命