イオナイザイオナイザモジュール Ionissimoの特徴・仕様

イオナイザ特徴

独自の高圧回路・絶縁技術と発生子構造設計により、より低電圧で効率的にイオンします。
イオン発生子に駆動電源を配線するモジュール構造を採用しており、セット組み込みに対し高い設計自由度を実現します。
イオン量を変えず、発生するオゾン量を制御することにより、用途に応じたモデルの選択が可能です。

仕様

MHM3シリーズ
項目 MHM305タイプ MHM306タイプ MHM314タイプ
入力電圧(VDC) 12.0(10.8~13.2) 12.0(10.8~13.2) 12.0(10.8~13.2)
入力電力(W typ.) 0.4 0.6 0.9
初期イオン発生量
(pcs/cc typ.)
5,000,000 5,000,000 8,000,000
初期オゾン発生量
(mg/H)
0.15 以下 0.6 typ. 0.15 以下
使用温度範囲(℃)
高圧電源
-10~50 -10~50 -10~50
使用温度範囲(℃)
イオン発生子
-10~70 -10~70 -10~70
使用湿度範囲(%)
(※1)
20~80 20~80 20~80
MHM4シリーズ
項目 MHM402タイプ MHM403タイプ
入力電圧(VAC) 220/240(210~250) 100(85~110)
入力電力(W typ.) 0.4 -
初期イオン発生量
(pcs/cc typ.)
4,000,000 -
初期オゾン発生量
(mg/H)
0.4 typ. -
使用温度範囲(℃)
高圧電源
-10~50 -10~50
使用温度範囲(℃)
イオン発生子
-10~70 -
使用湿度範囲(%)(※1) 20~80 20~80

(※)各測定値は、弊社試験条件によるものです
(※1)結露無き事