圧電アクチュエータの原理

圧電アクチュエータの基礎知識
アクチュエータの原理

電圧駆動による固体変形利用のため
  1. 高精度
  2. 高速応答
  3. 停止保持力が高い
  4. 低消費電力
  5. 電磁ノイズが出ない
  6. 小型で高密度配置が可能
  7. 構造がシンプル
などの特長がある。


圧電アクチュエータの原理

横効果変位量 X1=d31VL/t

d31: 圧電定数
E: 印加電界
V: 印加電圧 (E=V/t)
t: 一層あたりの厚み
L: 長さ

変位量は圧電定数、素子形状、印加電界で決まる。
d33タイプ、d31タイプ 動作イメージ