LPWA (LPWAN) について

LPWAはLow-Power Wide Area(省電力広域)無線技術のことです。LPWA無線技術は、低い消費電力と長い通信距離が要求されることが多いIoT(Internet of Things)の実現を可能にします。LPWAは、WiFiやBluetooth(BLE)、スマートフォンや携帯電話で用いられるモバイルネットワーク(LTE等)などの既存の無線通信技術と比べるとデータ転送速度が遅いものの、コネクテッドデバイスの省電力化・低価格化を実現できるため、IoTやM2Mで普及すると予想されます。

テーブルの行とセルをCSSだけでハイライト
IoTビジネスを加速させるムラタのLPWAソリューション
LPWA(Low-Power Wide Area)無線技術は、低い消費電力と長い通信距離が要求されることが多いIoT(Internet of Things)の実現を可能にします。
この動画では、LPWAの特徴と活用事例、ムラタのLPWAモジュールの強みをご紹介します。

Murata Icon X LPWAとは

LPWAは、従来よりも大幅な低コストかつ、高電力効率で動作します。また、双方向性にも優れており、より広い通信範囲でより多くのデバイスをサポートします。一部のLPWA技術では、長距離通信の実現のためにサブGHz帯が採用されています。
市場の予測では、LoRaやSigfox、LTE-NB1などのLPWAネットワークを介して接続されるIoTデバイスの総数は2021年までに7億個に達し、同サービスの市場規模は750億米ドルに達すると見込まれています。
LPWA (Low Power Wide Area)の位置づけ


topへ  

Murata Icon X 主な特徴

長距離通信   低消費電力   低速データ転送
エンドノードはゲートウェイから最大10km離れた場所まで接続可能   バッテリの寿命が10年以上に延長   5,000ビット/秒以下。軽量なメッセージを1日に数回送信可能


topへ  

Murata Icon X アプリケーション

社会インフラ、スマートハウス、農業、環境、ヘルスケア、医療、産業、物流、公共インフラ(水道メータやガスメータ)、エネルギー、スマートビル、スマートシティ、スマートパーキング、位置検知、コンシューマー製品など。


topへ  

Murata Icon X LPWA技術の比較表

LoRa
Sigfox
LTE Cat M1
NB-IoT
周波数帯 免許不要の帯域 免許を必要とする帯域
通信距離 10km以上
データ転送速度 <10 Kb/s 100 b/s 1 Mb/s <150 Kb/s
送信電力 +20 dBm* +20 dBm* +23 dBm +23dBm
バッテリ寿命 10年以上
消費電力 LOW HIGH MEDIUM
コスト(展開時のコスト) LOW LOW HIGH MID
サービス開始時期 Now Now End 2017 2018

* +20dBm はUSのみです。EU/Asiaは +14dBm です。


topへ  

ムラタのLPWAモジュール

現在、ムラタはLoRaモジュールを量産しています。


評価ボード / サンプル / 問い合わせ

評価ボードの
購入
my Murata
ログイン
サンプル
在庫状況確認
問い合わせ
LoRa 評価ボード LoRa モジュールの詳細情報 TypeABZ(LoRa)のサンプル TypeABZ(LoRa)について
お問い合わせ Sigfox モジュールの詳細情報 TypeABZ(Sigfox)のサンプル TypeABZ (Sigfox)について
*my Murata:登録された方だけが閲覧できるログインサイトです。ご利用にあたっては、利用規約にご同意いただく必要があります。


topへ  

Murata Icon X 村田製作所のLPWA戦略

[記事]


IoT本格化で存在感を増すLPWA、部品提供だけではない村田製作所のLPWA戦略

ムラタのLPWA戦略についての記事をご紹介します。

[動画]

関連情報