傾斜センサ傾斜センサ SCL3300シリーズ

高性能3軸傾斜センサ

傾斜測定に最高の性能を誇ります。

  • 寸法: 7.6×8.6×3.3mm (幅×長さ×高さ)
  • 用途や要求値に応じて4つのモードから測定モードを選択可能
  • 超低ノイズ、高分解能: 0.001°√Hz
  • SPIデジタルインターフェース
  • 優れたメカニカルダンピング特性
  • 使用温度範囲:-40~125℃
  • 消費電流1.2mA(供給電源:3.0~3.6V時)
  • 実績のある静電容量3D-MEMSテクノロジー

特長

  • 堅牢な設計
  • 高性能

用途

SCL3300は激しい環境条件で高い安定性が必要とされるアプリケーションをターゲットにしています。

主な用途例
  • レベリング
  • 傾斜補正機
  • 機械制御
  • 構造物ヘルスモニタリング
  • 計測慣性ユニット(IMUs)
  • ロボティクス
  • 位置決め、誘導システム
数量限定サンプル対応可能、2019/Q1量産開始予定

シリーズラインアップ

左右にスワイプ可能です 横持ちでご覧ください
品番 測定モード 検出範囲 帯域幅 オフセット
温度特性
使用温度範囲 出力方式
SCL3300-D01 3 1 ±1.8g/±90° 40Hz ±0.005°/℃ -40℃...+125℃ Digital SPI
2 ±3.6g/±90° 70Hz
3,4 Inclination mode/±10° 10Hz

動画

角度出力可能な3軸傾斜センサ

高解像度デジタルインタフェースを備えたSCL3300シリーズは、高度な信号処理が可能、高性能システムにおいて高精度なADコンバータが不要になります。 SCL3300シリーズは3軸方向の傾きを測定でき、セットへの取り付けが容易になります。
このビデオでSCL3300の機能とメリットについて説明します。