1章 「ESD(Electro-Static Discharge:静電気放電・サージ)とは?」

ESD(Electro-Static Discharge:静電気放電・サージ)、ESD対策が必要な場所・場合(ポイント)についてご説明します。

Murata Icon X ESD(Electro-Static Discharge:静電気放電・サージ)とは?

人体と電子機器など帯電した物体同士が接触すると、静電気の放電が発生します。この現象を「ESD:Electro-Static Discharge」と呼びます。人体から発生するESDは数千Vの高電圧であり、この高電圧パルスが、触れた電子機器内部に侵入し、IC回路の誤作動や破壊を引き起こします。このように電子機器内部に侵入したESDが製品やシステムを破壊することを防止するためには、ESDの抑制や除去を行う対策部品を設置する必要があります。

basic01

Murata Icon X ESD対策が必要な場所・場合(ポイント)

ESD対策は人や様々なモノが触れるすべての場所で必要です。例えば、USB2.0、USB3.0、出力端子、LANなどのユーザーがコネクタを抜き差しする場所や電気製品の操作ボタン、製造工程で機器が基板に接触する場合や、基板と基板をコネクタで接続する場合などです。これらの場所でESD対策として設置されている部品を「ESD保護デバイス*」と呼びます。

ESD PCなどのコネクタを抜き差し ボタンを操作 基板と基板を接続

*ESD保護サプレッサ、ESD保護ダイオード、ESD保護フィルタ、ESD保護素子、ESDプロテクション、TVSダイオードなどの総称として、本ページではESD保護デバイスと表記しています。

Murata Icon X ソリューション別のご提案

・差動伝送ラインのノイズによるセルラー帯での受信感度劣化の解決方法 ・インダクタやキャパシタだけでなく、ESD対策部品の小型化
・0603(mm)や0402(mm)の小型LGA実装に関するお悩み事の解決策
・TVSを用いたESD対策における、セルラー帯の高調波ノイズの対策方法 ・L+Cを用いたESD対策における、保護性能の不足やローバンド帯での挿入損失対策方法