EMI除去フィルタ(EMC・ノイズ対策)ノイズ対策 基礎講座

ノイズ対策 基礎講座【第1部】

EMI除去フィルタ(エミフィル®)によるノイズ対策についてご理解いただけるよう、
ノイズ対策の技術者を対象として、基礎的な内容をまとめました。

第1章 EMI除去フィルタ(エミフィル®)が必要とされる背景

第1章では、EMI除去フィルタ(エミフィル®)が使われている背景を説明するとともに、電磁ノイズの対策に使われるシールドとフィルタの働きについて紹介します。

[平均読了時間: 約16分]

第1章へ進む>

Reasons for requiring EMI suppression filters (EMIFIL®)
第2章 電磁ノイズが発生するしくみ

第2章では、ノイズ障害のしくみをより深く理解するために、ノイズが発生する側に議論を絞り、ノイズが電子回路のどんなところでどのように発生するのかといったノイズ発生のしくみを解説します。

[平均読了時間: 約40分]

第2章へ進む>

Mechanism of Causing Electromagnetic Noise
第3章 ノイズ問題を複雑にする要因

電子機器のノイズ障害に対処するには、ノイズの発生源だけではなく、伝達路やアンテナの性質も併せて理解する必要があります。第3章では、この中でノイズの伝達路について説明します。

[平均読了時間: 約60分]

第3章へ進む>

Factors of making noise problems complex
第4章 空間伝導と対策

電磁ノイズ障害の多くは電波を介して空間を伝わります。第4章ではノイズの空間伝導について説明します。近距離の問題である回路間の干渉、遠距離の問題であるアンテナ理論とこれを遮蔽するシールドについて紹介します。

[平均読了時間: 約64分]

第4章へ進む>

Spatial conduction and its countermeasures
第5章 導体伝導とコモンモード

第5章では、ノイズが導体を伝わるモードに "コモンモード" と "ノーマルモード" があることについて触れた後、コモンモードノイズへの変換について説明します。

[平均読了時間: 約57分]

第5章へ進む>

Conductor conduction and common mode
第6章 EMI除去フィルタ

第6章では、ノイズ対策に使用される代表的なフィルタの構成と、そこで使用される電子部品の現実特性がノイズ対策効果にどのように影響を与えるかについて解説します。

[平均読了時間: 約55分]

第6章へ進む>

EMI除去フィルタ

ノイズ対策 基礎講座【第2部】

第2部では、実践的なノイズ対策手法や考え方について、その都度テーマを決めて解説していきます。

第1回 デジタル回路におけるノイズ対策部品の使い分け

デジタル機器がラジオやTVなどに与えるノイズの問題を解決するために、EMI除去フィルタは広く使用されるようになりました。代表的なEMI除去フィルタであるコンデンサ・抵抗・フェライトビーズの使い分けの例をご紹介します。また、セットによってノイズ対策効果が違う場合がある理由についてもご紹介します。

[平均読了時間: 約21分]

第1回へ進む>

デジタル回路におけるノイズ対策部品の使い分け
デジタル回路の特性を考慮したフェライトビーズの選択方法

デジタル信号ラインの信号を高速化すると、放射雑音などのノイズが高くなります。そのために信号電圧の振幅を低くすると、信号波形のリンギングが問題になります。標準的なロジックICに抵抗を追加しインピーダンスマッチングを行った場合の波形や放射雑音の変化、ならびに、インピーダンスマッチングされた信号ラインでのフェライトビーズの選択法をご紹介します。

[平均読了時間: 約8分]

第2回へ進む>

第3回 差動伝送におけるノイズ対策 NEW

最近の電子機器の高速な信号ラインに差動伝送が広く利用されるようになっています。その理由と差動伝送ラインで注意すべきノイズ、ならびにその対策法についてご紹介します。また、差動伝送線路の伝送特性を表すミックスドSパラメータの基礎と、その特性が与える影響についてもご紹介します。

[平均読了時間: 約13分]

第3回へ進む>