AMRセンサ(磁気センサ)AMRシミュレーションツール

エクセルで簡易的なON/OFFエリアを表示

「AMRセンサってこの磁石ではどこでONするの?」という質問にお答えするために、磁石・センサの各情報を入力・選択するだけで、簡易的なONエリアMapを表示できる、エクセル形式のシミュレーションツールを用意しました。
AMRセンサ導入検討にお使いいただけます。

Update 2022/3/30

AMRセンサシミュレーションツール使用方法のご説明

製品ページよりダウンロード頂けるシミュレーションツールの特徴を説明します。
開閉、スライド、回転、それぞれ実際に磁石が近づいた時のセンサのON/OFFの様子とシミュレーションツール上で検知エリアに入る様子を比較頂ける動画となっております。

シミュレーションツールの特徴

本シミュレーションツールは任意の磁石材質・サイズやセンサまでの距離情報を入力することで、AMRセンサ位置とその周辺のON/OFF状況が表示されます。

無料ダウンロード

シミュレーションツールのエクセルと取扱説明書PDFの圧縮ファイルをダウンロードしてご利用いただけます。オフラインでもスムーズな利用が可能です。

取扱説明書付き

MAPの見方や表示変更方法など使い方に加え、適用事例として各アプリケーション例を多く記載しています。

多様な設定

磁石の向きやサイズ・磁気特性や基板の向きなど様々なアプリケーションのための設定が可能です。

各平面表示

XY平面(TOP)/YZ平面(Side)/XZ平面(Front)各平面のON/OFF表示が可能です。

数値入力と選択箇所

シミュレーションツールでは以下の各項目の設定を任意に入力することができます。

  • 入力方法の詳細は取扱説明書をご参照ください。

エリアのMAP表示例

一例として、
サマリウムコバルト3x1x5mmの磁石と初期位置Pa(Xn=0,Yn=0,Zn=3mm)から AMRセンサがそれぞれX・Y方向へ移動するときOFFする場所がシミュレーションツールで予想できます。

シミュレーション例1: AMRセンサをX方向に移動

初期位置PaからAMRセンサをPbに移動、以下に変更した場合、図のようなMapが生成されます。

  • Pa(0,0,3)⇒ Pb(11,0,3)

AMRセンサはXn=約7~11mmの間でOFFすると予想できます。

磁石中心P0からの距離[mm]
Xn Yn Zn
0 0 3
磁石中心P0からの距離[mm]
Xn Yn Zn
11 0 3

シミュレーション例2: AMRセンサをY方向に移動

初期位置PaからAMRセンサ位置をPcに移動、以下に変更した場合、図のようなMapが生成されます。

  • Pa(0,0,3)⇒ Pc(0,11,3)

AMRセンサは約9~14mmの間でOFFする予想ができますが、
Yn=4mm付近の色が違います。

磁石中心P0からの距離[mm]
Xn Yn Zn
0 0 3
磁石中心P0からの距離[mm]
Xn Yn Zn
0 11 3

シミュレーション例3: AMRセンサの軌道を拡大

例2のPcへ移動する際、Yn=4mm付近を拡大、以下に変更した場合、図のようなMapが生成されます。

  • Pa(0,0,3)⇒ Pc(0,4,3)
  • Y,Z方向の表示倍率をそれぞれ×5.0倍

Yn=約3~4mm付近で一時的にOFFする場所があることが予想できます。

磁石中心P0からの距離[mm] 表示倍率
Xn Yn Zn X Y Z
0 4 3 ×1.0 ×1.0 ×1.0
磁石中心P0からの距離[mm] 表示倍率
Xn Yn Zn X Y Z
0 4 3 ×1.0 ×5.0 ×5.0

よくあるご質問

Q.アプリケーションに適用させた事例などはありますか?

あります。付属の取扱説明書内にも以下の適用事例を掲載しています。
(事例は一例です。磁石とAMRセンサの位置関係が共通であるならば他の製品での応用も可能です。)

  • 開閉検知(ドア・蓋等)
    冷蔵庫などの白物家電、セキュリティ用途のドア検知、ノートPCなどの開閉動作の検知。
    開閉検知の紹介はこちら
  • スライド移動検知1(窓や引き出し)
    窓やスライドドアの防犯用途、冷蔵庫の冷凍室・野菜室、加湿器や各種タンクの水面などの位置検知など、磁石が平行移動する場合の検知。
    スライド移動検知の紹介はこちら
  • スライド移動検知2(小型・マイクロスイッチ)
    ノートPCやデジタルカメラなどの小型スイッチ、ウェアラブル端末の電源スイッチ(防水対策しやすい)、小型機器などでストローク量を数mmでON/OFFさせたい場合の検知。
    小型・マイクロスイッチの紹介はこちら
  • 回転体のポジション検知
    オートロックの閉じ・開き位置の検知、フロートスイッチ(レバータイプ)の液面検知、回転体の特定角度範囲を任意の角度幅でON/OFFさせたい場合の検知。
    各種検知例とともに、ON/OFF角度の狙い値の調整方法のポイントも記載しています。

Q.実際に評価することは可能ですか?

LEDの点灯/消灯による動作を確認できる評価ボードもご用意しております。まずは評価ボード単体でLEDの点灯/消灯確認。
次に搭載予定の機器に両面テープ等で磁石・評価ボードを固定して動作に合わせて点灯/消灯するかご確認できます。
導入前の検討・検証にご利用ください。

注意事項(必ずお読みください)

  • 本ツールは磁石からの磁力を計算する数式を利用して簡易的なONエリア表示を行っています。磁石情報と磁石からの任意の位置(AMRセンサの位置)情報からの計算式で算出しています。
  • 周辺に他の磁石やネジ・鉄板などの磁石に影響を与える部品などがあった場合の計算はできません。
  • 他の磁石や周辺の影響部品をできるだけ離すことが重要となります。できるだけの目安はありませんので実機で確認してください。
  • 計算値と実際は差が生じるものとして、製品を量産する前には十分に試作・実機での検証を行ってください。
  • AMRセンサのラインアップ、アプリケーション例の追加など、シミュレーションツール、取扱説明書が不定期に変更がされることがあります。定期的にバージョンをご確認ください。
  • 弊社のAMRセンサは一般民生用途に限定しています。車載製品など、製品故障や誤動作が人命・財産に危害を及ぼす恐れがあるなどの理由により、高信頼性が要求される製品への適用はご遠慮ください。
  • 機能の重要度、必要に応じて十分な評価、複数のフェールセーフを実施してください。

本ツールのダウンロードを希望される方(以下「ユーザー」といいます)は、本契約をよくお読みの上、同意される場合に限り、ダウンロードいただけます。本ツールをダウンロードした場合には、本契約に拘束されることに同意したものとみなされます。

上下にスワイプ可能です

<本ツールの使用許諾契約>

第1条 (定義)
本契約において本ツールとは、ダウンロードしたexcelシートの全部又は一部をいい、その更新版並びに関連資料、文書及び印刷物等の有体物を含みます。
第2条 (許諾)
  1. 当社はユーザーに対し、ユーザーが本契約の各条項を遵守することを条件として、当社のAMRセンサの導入を検討する目的に限り、ユーザーが本ツールを使用する非独占的な使用権を許諾します。
  2. 本ツールを使用するためには、所定の環境条件に従う必要があります。
第3条 (権利の帰属)
本ツールに関する全ての知的財産権 (著作権、特許権、商標権、ノウハウ、トレードシークレットを含む) は、当社又は当社のライセンサーに帰属します。本契約に明記されていない権利は、当社に留保されます。
第4条 (機密保持)
ユーザーは、事前に当社の書面による承諾を得ない限り、本ツールの内容を第三者に漏洩もしくは開示してはならないものとします。
第5条 (禁止)
  1. ユーザーは、事前に当社の書面による承諾を得ない限り、本ツールについて本契約第2条に基づき許諾された以外の行為を行なえないものとします。
  2. ユーザーは、事前に当社の書面による承諾を得ない限り、特に次の各号のいずれかに該当する行為をしてはならないものとします。
    1. 本ツールの、一切の複製、改変及び変更行為。
    2. 本ツールの、逆アセンブル及び逆コンパイル等の一切の解析行為。
    3. 本ツールの、第三者への頒布、送信、譲渡、販売及び貸与行為。
    4. 本ツールの、担保提供行為。
    5. 本ツールに、再使用権を設定し若しくはそれ以外の方法で本ツールを第三者に使用させる行為。
  3. 前条及び前項の定めにかかわらず、ユーザーは、本ツール及びその内容を自己と同じ法人、機関その他団体に所属する役員又は従業員に開示又は使用させることができます。この場合、ユーザーは、当該役員又は従業員に自己が本契約上で負う義務と同等の義務を課すものとします。
  4. ユーザーは、本契約本条第1項及び同第2項に違反しムラタ又は第三者に損害を生じさせた場合、かかる損害の一切につき賠償する義務を負うものとします。
第6条 (保証)
  1. 当社は、本ツールに関し、明示又は黙示を問わず一切の保証を致しません。特に、商品性、特定の目的に対する適合性、バグが発生しないこと及び第三者の権利を侵害しない旨の保証は、一切行ないません。
  2. 本ツールの使用及びその結果に起因若しくは関連して、万一ユーザーに損害若しくは第三者との紛争が生じ、又は第三者から損害の請求がなされたとしても、その原因、種類を問わず当社は一切責任を負いません。
  3. 当社及び当社のライセンサーは本ツールに関し、サポート、アドバイス、インストール、トレーニング又はその他のサービスを提供する義務を負いません。また、当社及び当社のライセンサーは本ツールに関し、バージョンアップ、アップデート、不具合対応、改良又は拡張を提供する義務を負いません。
第7条 (変更)
本ツールは、改良のため予告なく変更することや掲載を停止することがあります。最新内容を常にご確認ください。
第8条 (終了)
  1. ユーザーが本契約に違反した場合、当社は催告その他の手続を要することなく本契約を終了させることができます。
  2. 前項に基づき本契約が終了した場合、ユーザーは、本ツールを全てムラタに返還するか、又は破棄します。破棄した場合には、ユーザーは当社に対し破棄証明書を交付します。
第9条 (存続条項)
本契約の終了後も、第3条乃至第8条、本条、第10条及び第11条の規定は、なお有効に存続するものとします。
第10条 (輸出管理)
ユーザーは、本ツールに適用される各国の輸出管理法令(日本の「外国為替及び外国貿易法」及び米国の「輸出管理法」並びにこれら政省令等を含みますが、これらに限定されません。)を遵守するものとします。
第11条 (準拠法)
本契約の準拠法は、日本国法とする。

Update 2022/3/30