ジャイロセンサ SCC2000シリーズ

X軸またはZ軸ジャイロスコープと3軸加速度センサの一体型

  • 寸法: 12.1×15.0×4.35 mm (幅×長さ×高さ)
  • 測定レンジが±125°/sまたは±300°/sの1軸 (XまたはZ軸) ジャイロスコープ
  • 測定レンジが±2gまたは±6gの3軸加速度センサ
  • 高度な自己診断機能
  • SPIデジタルインターフェース
  • SPIにより、ユーザが選択可能なローパスフィルタ
  • 動作温度: -40~+125℃
  • 供給電圧: 3.0~3.6V
  • 製品プラットフォームはAEC-Q100規格に適合し、ISO26262規格に準拠
  • 車載対応バージョンも利用可能(品番はお問い合わせください)
  • ジャイロのみのバージョンも利用可能

特長:
  • 3つの検知軸方向すべてで加速度、角速度を検出可能な完全な製品プラットフォーム。新たに導入されたZ軸ジャイロスコープにより、1つのアプリケーションPCBに6DOFセンサソリューションの実装が可能
  • 安定したバイアス特性、低ノイズレベル、高耐振動性
  • 高精度、高信頼性を要求される用途での実績ある高信頼性と性能

用途:

SCC2000シリーズは、厳しい環境条件で高安定性が求められる用途を想定しています。一般的な用途は以下の通りです。


  

お奨め品を選ぶ >SCC2130-D08 , SCC2230-D08 , SCC2230-E02
評価ボード >SCC2000シリーズ-PCB


ジャイロセンサ >製品ラインアップ一覧

Murata Icon X シリーズラインアップ

Murata Icon X 資料