LPWA製品Type 1SC LBAD0XX1SC

Type 1SC(LBAD00XX1SC)モジュールはグローバルな認証を取得している世界最小のCat.M1/NB-IoTモジュールです。
GPS/GNSS、OpenMCU、iSIMをサポートしています。
Truphoneと提携し、MVNOネットワーク通信をeSIM経由で提供可能です。

Product Status

In Production Recommended
最低発注数量 2000
製品の種類 モジュール
製品名 LBAD0XX1SC
グレード 工業用
対応LTEバンド Low Bands 5,8,12,13,14(CAT M1 Only),17,18,19,20,26,28
Mid Bands 1,2,3,4,25
チップセット Altair ALT1250
変調方式 LTE Cat.M1/NB-IoT Release 13 (*Release 14 – SW Upgrade)
アンテナ 外部(詳細はこちら
システムクロック Integrated 26MHz (TCXO) & 32KHz (X'Tal)
動作温度(最低) -40
動作温度(最高) 85
マウンティングの種類 LGA
パッケージの種類 樹脂モールド
寸法 11.1 x 11.4 x 1.5 mm (max)
インターフェース電圧 1.8v
供給電圧 2.85-4.35v
送信出力 +23dBm max
出力クラス Class 3 LTE出力
スリープモード電力 eDRX Current Consumption (avg)/LTE-M: 43 uA
PSM Current Consumption (avg)/LTE-M: 1.4 uA
ホストインターフェース UART
RoHS Yes
ソフトウェアの特徴 AT commands,
IPv4/IPv6 stack with TCP and UDP protocol,
SSL/TLS,
MQTT,
OpenMCU(Optional),
GPS/GLONASS(Optional),
iUICC(Optional)
認証 FCC/IC/RED/TELEC/KC/NCC
GCF/PTCRB
認証通信事業者 AT&T, KT, SKT, Pelion, Deutsch Telekom, Vodafone, Softbank, KDDI, Docomo, Soracom, Truphone…
バリエーション
*1SC-iUICC
*1SC-GPS/GLONASS
*1SC-Open MCU

*coming soon

シリーズ概要

Type 1SCは、セルラーLTE-Mネットワークプロトコルをサポートした、コンパクトで低コストの新型LTE-Mモジュールです。
この新しいスタンドアローン型モジュールの大きさは、わずか11.1mm x 11.4mm x 1.5mm(最大)です。
銀でシールドした樹脂パッケージに格納され、Altair ALT1250トランシーバー、FEMモジュール、および外部フラッシュメモリを内蔵しています。
内蔵されたTCXOは堅牢で温度ドリフトが少なく、RFトランシーバーに正確なクロック源を供給します。

"LTE-M"とは?

LTE-Mは、LTE Cat-M1、つまりLong Term Evolution(4G)category M1の略語です。
この技術は、一般的にバッテリーで動作するIoTデバイスを4Gネットワーク(AT&TやVerizonなどのモバイルネットワークオペレーター(MNO))にゲートウェイを介さずに直接接続させることを目的にしています。
eMTC(enhanced Machine Type Communication)とも呼ばれるLTE-Mは、3GPPが開発した省電力広域ネットワーク(LPWAN)無線技術標準の一種であり、さまざまなセルラーデバイスやサービス(特にM2MやIoT用途)に対応できます。
グローバルモバイルサプライヤー協会が2019年3月に行った報告によると、NB-IoTまたはLTE-Mネットワークのいずれかを導入または開始した通信事業者は100社を超えています。
LTE-Mはデータ速度が高く、ネットワーク上の移動性や音声をサポートしていますが、NB-IoTよりも広い帯域幅が必要です。
さらに、NB-IoTとは異なりガードバンドと呼ばれる周波数帯域を利用できません。
LTE-Mの詳細は、GSMA LTE-M 別ウィンドウで開く をご覧ください。

詳細はこちら

LTE-Mの主な特徴

ジオロケーション
- GPSフリー、低電力、かつ定期的なトラッキングが可能
コンパクト
- 従来ならセルラー接続の手段を持てなかったウェアラブルに魅力的な小型サイズ
標準規格
- PTCRB/GCF認証により、IoT用途で世界中の無線ネットワーク事業者とのグローバルな相互運用が向上
低電力
- 低消費電力に特化して設計されたプロトコルにより、バッテリー寿命が最大10年に延長
低コスト
- ユビキタス接続により低価格を実現
セキュア
- HTTPSとMQTTSをサポート
移動性
- セルラーネットワークにおいてセルエッジおよびハンドオーバー状況でスムーズな運用をサポート

ブロック図

TRUPHONEについて

単なる新型SIMではない、今までにない接続方法。
Truphoneは常識を破る新しい種類のモバイル接続を提供し、ユーザーにメリットをもたらします。
Truphoneを使用すれば、IoTデバイスの更新や接続をリモートかつ大規模に行うことができます。
簡単な操作で何千台にも及ぶデバイスの接続展開・管理が可能です。
お使いのデバイスへの接続の詳細やデータプランの開始は、Truphoneのウェブサイト 別ウィンドウで開く をご覧ください。
Truphoneで、IoT接続を簡単に。

技術サポート

技術サポート資料

Application Note, Datasheetなどをこちらでご確認いただけます。
その他の詳細な資料については技術サポート資料ページをご覧ください。

評価キット・導入までの流れ

評価キット提供や導入までの流れをこちらでご確認いただけます。

アプリケーションガイド

代表的なアプリケーション例

本モジュールの典型的な用途には、スマートメータリング、ウェアラブル、トラッキング、M2M、およびIoTエッジノードなどがあります。
幅広い温度に対応しています。
新たなIoTアプリケーションのアイデアをまとめた「IoT Business cases」をダウンロードいただけます。

*上記画像をクリックすると「IoT Business Cases」がダウンロードできます。