近距離無線用インダクタ

携帯機器同士の通信や、決済手段として利用される近距離無線通信の代表であるNFC回路にはインダクタが利用されます。ここで使われるインダクタにはNFCにおける独自の要件に対応した性能が求められます。ムラタの近距離無線用インダクタはこれらの要件に適合した性能により、NFC回路の効率化・小型化に貢献します。

Inductor_NFX

設計支援ツール

製品検索

NFC(近距離無線通信)用インダクタ

NFCでのインダクタの利用について

NFCでインダクタが使われる理由について説明します。

NFCでのインダクタの利用について

技術情報

NFC用インダクタの選定・使い方のポイント

NFC用インダクタには13.56MHzの高振幅電流が流れます。そのため単なるマッチング用インダクタとしての性能だけでなく、NFC用インダクタとしての選定ポイントがあります。ここでは、NFC用インダクタに求められる性能とおすすめするインダクタ商品の紹介、ならびにNFC内でインダクタを実装する際に注意すべきポイントについて紹介します。

NFC用インダクタの選定・使い方のポイント

NFC用インダクタ実装上の注意点(インダクタ間結合)

NFC用インダクタは必ず2個セットで使用されますが、近接して実装しすぎた場合結合し様々な問題を引き起こす可能性があります。ここでは問題を起こさないための実装上のポイントを解説します。

NFC用インダクタ実装上の注意点(インダクタ間結合)

製品ニュース